包丁よくある質問Q&A

包丁Q&A

Q 初めて包丁を買うのですが選ぶ基準を教えて下さい。 

A 包丁には大きく別けて洋包丁、和包丁の2種類があります。それぞれに
 ステンレス製と鋼製があり、お好みにより選ぶ事ができます。
 スレンレス製はサビに強いので衛生的でお手入れも簡単で家庭用から
 プロ用まで幅広く使用されています。一方で鋼製の包丁は使用後の手入れ
 を怠ると刃が変色し錆びてしまう場合があります。しかしながら鋼の特性
 としてステンレス製より鋭利な刃を付ける事ができる為に切れ味を重視する
 プロの料理人に人気があります。これらの事を踏まえてご自身がどちらに
 重点をおかれるかを判断しお気にりの一本をお選び下さい。

仁徳陵

Q ステンレス包丁は研げますか?

A はい。もちろんステンレス製の包丁も研ぐ事ができます。以前のステンレス
 製の包丁は鋼材が粗悪なものが多く研いでも鋭利な刃はつきませんでした。
 しかしながら近年の製造技術の向上によりスレンレス包丁の性能が飛躍的
 に改善され今や鋼製に負けず劣らない包丁になりました。
 最近はセラミック粒子を配合した研磨力の強い砥石も発売されているので
 ご家庭でも素早く研磨できるようになりました。


Q 包丁が折れたり欠けたりしました。

A 包丁が大きく欠けたり根元から折れたりする原因は沢山あります。一般に
 包丁は横に刃をこじると薄い刃先に負担がかかり欠けやすくなります。
 冷凍食材や骨のある硬い食材を切る場合にも十分注意が必要です。
 生のカボチャや芋類を切る時はまな板に対してまっすぐに切り込むように
 して下さい。まれに製造段階での不良も考えられる場合もありますので
 無理な力をかけていない状況で大きく欠けたり根元から折れたりした場合
 は購入先やお店を通じましてメーカーに相談される事をお勧め致しいます。
 

Q どれくらいの頻度で研げば良いのですか?

A プロの料理人と呼ばれる方々は一日の仕事を終えたあと毎日包丁を研いで
 常に刃先を最高の状態に保っています。しかしながらご家庭などで使用さ
 れる場合は毎日研ぐ必要はなく月に1,2度研がれる事をお勧めしています。
 又、1年に1回はプロの研師に研ぎ直しをしてもらう事により刃物本来が
 持つ最高の切れ味を長い間楽しむ事ができます。

Q どのような砥石を選べばいいのですか?

A 現在、砥石は人造の物から自然の山から切り出した天然と呼ばれる高価な
 物まで沢山の種類があります。天然砥石は高価な上に扱いが難しく一般的
 にはご家庭用には向いていません。通常、家庭用の包丁を研ぐ場合は中砥
 と呼ばれる1000番程度の人造砥石をお勧め致します。
 刃が大きく欠けたときは180番〜400番程度の荒砥石をお使い下さい。
 又、6000番〜10000番程度の仕上げ砥石という物もあり中砥石で研ぎ終え
 包丁の最終仕上げで使用するとより刃先は鋭利になります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) AOKI-HAMONO SEISAKUSYO Co.,ltd All Rights Reserved.