堺刃物の歴史History of Sakai Knife 

堺刃物の歴史History of Sakai Knife

古墳時代 

堺の打刃物の歴史は5世紀頃に作られた世界最大の古墳と言わ
れている仁徳天皇陵の構築にまでさかのぼります。
最大全長840m 最大幅654mの巨大な古墳は構築に15年
以上の歳月をかけて建造されたと言われています。
当時 土を耕したり穴を掘るための鋤やクワが大量に必要になり
それらを作る為に日本中から鍛冶職人が集められ堺に住み着いた
と伝えられています。

仁徳陵

戦国時代

戦国時代の堺は自由都市として盛大に栄えていたと言われています。
ポルトガルから種子島に伝来した火縄銃が堺に持ち込まれると優れた
鍛冶の技術で瞬く間に日本で有数の火縄銃の産地となりました。
堺製の火縄銃の品質はときの戦国武将達からも絶大な支持を受けてお
りかの戦国武将の織田信長が生涯こよなく愛した火縄銃も堺製だった
と言われいます。


江戸時代(天保年間頃)

江戸時代に入ると次第に火縄銃の需要は減っていき堺の火縄銃は実用品
から装飾を楽しむ形へと移り変わっていく事になります。
生産数も激減しているさなかポルトガルから持ち込まれたタバコが人々
の間で広がり始めました。同時にタバコの葉も国内で栽培されるように
なり葉を刻む為の包丁を堺の職人達が作り始めたのです。
これが後の堺刃物の起源になると言われています。堺製のタバコ包丁
は非常によく切れて長持ちする事が理由で当時の江戸幕府が政府専売品
として堺極の刻印で日本全国に販売するほどだったと伝えられています。

現代

時代の流れと共にタバコの生産が機械化されていき堺のタバコ包丁は
必要とされなくなりました。それまでタバコ包丁を作っていた職人達
はその経験と技術を生かして料理用の包丁を作り始めたのです。
堺刃物の特徴は分業制と言われて鍛冶、刃研ぎの職人がそれぞれの仕事
を極める為に生涯の時間を費やしています。お互いが切磋琢磨する事に
より他産地に類をみない高品質の包丁が生まれているのです。
昭和57年に堺打刃物は伝統的工芸品に指定されその品質は日本のみ
ならず世界にも広く認められています。

堺から世界へ

堺で生まれた打刃物は今や海を渡り欧米や中国、韓国、豪州、東南アジア
など世界30カ国以上の国に輸出されるようになりました。
妥協なく鍛え上げ磨き上げられた包丁は国境を超えて多くの人々を魅了し
今後も世界中の人々から注目される存在になると確信しています。

 

ページトップへ戻る
Copyright(C) AOKI-HAMONO SEISAKUSYO Co.,ltd All Rights Reserved..